コンテンツへ | メニューへ

Home > 職員・研究生募集

職員募集

名古屋大学工コトピア科学研究所非常勤研究員(ポスドク)の募集
(応募締切2014年5月30日(金)必着、採用者が決まり次第締め切り)
(募集終了)


[公募人員]
非常勤研究員(ポスドク) 1 名

[部署]
名古屋大学エコトピア科学研究所融合プロジェクト研究部門 丹司研究室
(〒464-8603 名古屋市千種区不老町 http://www.nano.esi.nagoya-u.ac.jp

[募集の背景]
名古屋大学では文部科学省「ナノテクノロジーを活用した環境技術開発プログラム・ナノ材料科学環境拠点」の参画機関として、「燃料電池材料界面および触媒表面・界面におけるその場観察と構造解析ならびに界面構造の最適化」に関する研究をエコトピア科学研究所丹司教授をリーダーとして進めています。そこで、本研究を推進して頂く博士研究員(ポスドク)を募集致します。

[仕事の内容]
雰囲気制御や、加熱、外部電圧印加等が可能な、電子線ホログラフィーその場観察技術を開発する。そして、金属/酸化物界面の電位分布観察から、界面の電子状態、物理・化学的性質等を明らかにし、燃料電池やナノ粒子触媒に最適な界面構造を求める。

[待遇]
給与及びその他の雇用条件は、名古屋大学の規定に基づき決定されます。
※通勤手当支給(上限\55,000/月)

[勤務条件]
勤務時間:30時間/週 月〜金曜日 6時間/1日 10時00分〜17時00分
休憩時間:12時00分〜13時00分
休  日:土・日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)
加入保険等:健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
休  暇:年次有給休暇(採用6ヶ月勤務後)、夏季休暇有り(指定日・有給)

[応募資格]
理工系大学の博士号取得者
透過電子顕微鏡および集束イオンビーム加工装置(FIB)を利用した研究の経験者が望ましい。

[募集期間]
平成26年5月30日(金)まで
ただし早期応募者から順次選考を進め、採用者が決まり次第締め切ります。

[着任時期]
決定後、出来るだけ早い時期

[勤務形態]
非常勤
平成27年3月31日まで、ただし審査・協議の上、平成28年3月31日まで1年毎の更新可

[応募書類]
(1)履歴書(写真貼付)
(2)研究歴およびその概要(2000 字程度)
(3)研究業績リスト
(学術論文、国際会議論文、著書、解説、特許、予算、受賞等を区分)
(4)主要論文別刷り3編(コピー可)
(5)着任後の抱負(1000 字程度)
(6)応募者について意見を伺える方2名の氏名・所属と連絡先
(7)その他、特記すべき事項
ご提出いただいた書類については返却できませんので、ご了承ください。
応募に際して頂いた情報は、選考目的以外には一切使用いたしません。

[書類送付先 および 問い合わせ先 ]
〒464-8603 名古屋市千種区不老町 名古屋大学 エコトピア科学研究所
ナノマテリアル科学研究部門 教授 丹司敬義
(書留で「ポスドク研究員応募書類」と朱書)
E-mail: tanji@※esi.nagoya-u.ac.jp(メールを送る際は※印を削除)
電話: 052-789-4436