コンテンツへ | メニューへ

Home > 研究活動

研究組織

特筆すべき研究成果について
    • 文部科学省特別経費事業として、異なる分野を専門とする6大学6研究所が共同して、金属、セラミックス材料などの異種材料を用いた特異構造高機能材料の開発を行い、将来的には実用化を目指す相互連携プロジェクトです。

      • 各研究所の強みを有機的に連携させ効率的に研究を推進し、研究成果の社会還元を迅速化します。参加する大学研究所は、名古屋大学エコトピア科学研究所のほか、東北大学金属材料研究所、大阪大学接合科学研究所、東京工業大学応用セラミックス研究所、東京医科歯科大学生体材料工学研究所、早稲田大学ナノ理工学研究機構です。

    • 詳細を表示 閉じる
    • エコトピア科学研究所 プロジェクト(2013-)始動

      エコトピア科学研究所は、創設時から持続可能環境調和社会の実現のための分野横断型の研究プロジェクトを実施しています。

      • この成果の一層の発展を目指すため、1年間の議論を経て、2013年度より、新しいプロジェクトを開始しました。 これは、所員の分野・部門横断型の活動や学内外の多くの研究者との共同研究の一層の活発化と、形に見える成果の実現を目的とするものです。

        新プロジェクトは、マテリアルプロダクション、エネルギーネットワーク、環境保全・バイオ活用 の3つのプロジェクトクラスターからなります。

        それぞれのクラスターには3つのプロジェクトがあります。研究所の所員は、これらのプロジェクトのいずれかに属し、個々の研究と併せてプロジェクト内での共同研究に従事します。また研究プロジェクトの枠組みにおいては、所員だけではなく学内外の研究者との共同研究も実施します。

    • 詳細を表示 閉じる
    • 名古屋大学エコトピア科学研究所では、本学以外の組織に所属する教員または研究者と本研究所の教員とが協力して行う次の研究テーマに関する共同研究および研究集会を公募します。

    • 詳細を表示 閉じる