コンテンツへ | メニューへ

Home > 研究活動 > 特筆すべき研究成果

研究組織

  • 希少金属セリウム使用量を低減した自動車排ガス浄化用助触媒材の開発 (小澤正邦教授 等)



〜コアシェル構造により、使用量30%低減〜


NEDOと名古屋大学、潟mリタケカンパニーリミテド、名古屋工業大学は、希少金属セリウムの使用量を30%以上低減できる自動車排ガス浄化用助触媒材の開発に成功しました。今回開発した助触媒材は材料のジルコニア表面にセリウムをコーティングするコアシェル構造を採用することでセリウム使用量を低減。低温での触媒効果の改善により効率的な排ガス浄化も可能になります。

さらに、この技術を応用することにより、触媒の貴金属(白金族)も、その使用量低減が期待されます。


詳細(PDFとリンク)