開催計画

· 日時: 平成22年12月2日  午後 15:00 〜 17:00

· 会場: 共同教育研究棟2号館 801会議室

· 講演会/シンポジウム名称(和文):

· 講演会/シンポジウム名称(英文):Environmental Challenging of Emerging Contaminants

· 講演会/シンポジウムのウェブアドレス(あれば): http://

· 事前参加申込(いずれかを選択):不要 

                  必要 申込締切:    月    日    時

                         申込先 :   

 

· 概要和文:講演題目,講師(氏名,所属,肩書等),その他 [200文字程度]

Environmental Challenging of Emerging Contaminants

        講師: 江 桂斌 先生 ( 中国科学院生態環境中心 教授 )
         概要:

ストックホルム条約に挙げられている環境中に残留する難分解性化学物質として、12の  有機塩素化合物に加えて、2009年新たに難燃性臭素化合物など7化合物が指定された。

これらの化学物質は環境中に非常に微量に存在している為、精度の高い微量分析を用いた  長期モニタリングと生物分解性の把握が必要不可欠である。

本講演では、この分野の研究の最前線について紹介する。

 

 

 

所属      エコトピア研究所 環境システムリサイクル科学研究部門

氏名      片山 新太

E-mail    a-katayama*@*esi.nagoya-u.ac.jp (メールを送る際は※印を削除してください。)